ワーホリから帰国した後はどうする?職探しで知っておきたいこと

 

海外で勉強したい。働いてみたい。

それらを叶える手段として、ワーホリがありますよね!

もちろん知っている人も多いはずです。

 

でも、実際ワーホリに行った後ってどうすればいいんだっけ?

日本に帰ってきて働き口がなかったら困るから、なかなか踏み出せない。

 

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

ワーホリについては色々調べたけど、帰国後についてはなかなか考えていないなんてことも。

 

でも、ワーホリに行く前からきちんと帰国後のことを考えておかないと帰国してから困ってしまうかもしれません

 

今回はそんな方の為に、ワーホリから帰国した後の就職について見ていきたいと思います!

 

 

ワーホリ帰国後の就職はどうすればいい?

憧れのワーホリ。胸が踊りますね!

でも、ワーホリには期限がありますし、いつかは帰国して日本で就職する人が大半だと思います。

 

しかし、「ワーホリに行くまでのことは調べたけど、帰国後のことまで考えていなかった!」という人って意外と多いんです。

 

ワーホリに行く前に帰国後のことについてもしっかりと考えておかないと、帰国後の就職活動に大きく影響してしまうんです。

まずは帰国後の就活の仕方についてみていきましょう。

 

ワーホリ後の就活はどうやってすればいいの?

 

基本的には、新卒や中途の就職活動と大きくは変わりません。

求人サイト、もしくはエージェントを活用しての就活が一般的です。

 

就活で有名なリクナビやマイナビなどの求人サイトとは別に、ワーホリ経験者向けの求人サイトもあるので、ぜひ登録してみましょう。

求人サイトごとに掲載されている求人も異なるので、複数登録しておくのがオススメです。

 

そして、求人サイトと合わせてエージェントもぜひ活用していただきたいツールの一つです。

エージェントは、一人一人にあった求人を紹介してくれるだけでなく、エントリーシートの書き方や面接対策まで、自分にあったフォローが受けられる点が魅力です。

 

ワーホリの経験を生かしたエントリーシートの書き方や面接での受け答えなど、自分だけではなかなか対策できない面までケアしてくれますよ。

 

就活の準備はいつから始めればいい?

 

せっかく海外にきているんだし、就活は日本に帰ってから。

 

そう思ってしまいがちですよね。

でも実はそれ、もったいないんです!

 

企業へのエントリーや面接は、もちろん帰国してからになりますが、就活へのイメージを持っておくことや自己分析はワーホリ中でもできますよね。

 

帰国後の就活準備はワーホリ中にはじめておきましょう。

 

就活には書類審査や面接などがあり、時間がかかります。

帰国してから準備を始めるとなると、そこから企業を探したり、自己分析をしたりなど就活のフローと別にさらに時間がかかってしまいますよね。

そうなると、帰国後しばらくは収入を得られず・・・なんてことになってしまいます。

 

あらかじめ帰国後の就活について考えておくことで、帰国してからスムーズに就活を行うことができますよ。

 

 

ワーホリ帰国後の就職で失敗しない為に

せっかくお金と時間を使ってワーホリに行くんだから、その経験を生かして帰国後の就活を有利に進めていきたいものですよね。

 

その為には、当たり前ですが、旅行感覚で海外に行ってはいけませんよね。

帰国後を見据えた準備やワーホリでの過ごし方が必要になってきます。

 

ワーホリに行く前から心がけておきたいこと、職種選びでのポイントをみていきましょう。

 

ワーホリの目的をしっかり決めておく

 

ワーホリに行くからには、ワーホリの目的をきちんと自分の中で決めましょう。

語学力アップはもちろん、こんな場所で働いてみよう、こんな経験をしてみたい・・・

一つに絞らなくてもいいので、ぜひ書き出してみてください。

 

TOEICのスコアアップなど、具体的な目標を設定するのもいいですね。

 

ワーホリ後の就活となれば、ワーホリでの経験が聞かれることは間違いないですよね。

 

ワーホリに行ったけど、ただ海外を楽しんだだけだった・・・

そうなってしまっては、就活も、ワーホリにかけた費用と時間も無駄になってしまいかねません。

 

ワーホリで専門的なスキルを身に着ける

 

ワーホリは、比較的自由に職業体験ができます。

牧場で働いたり、企業のインターンに参加したり、日本では得られない経験をすることができるのも魅力の一つですよね。

 

企業によっては、専門性のある業務を任せてくれるところもあるので、就活でアピールすることが可能です。

語学だけでなく、職業体験を経て得たスキルや経験によって学んだことをアピールできると大きな強みになります。

語学力を生かせる職業を選ぶ

 

ワーホリで海外にいくとなれば、当然、語学力をあげるという目的が少なからずあると思います。

現地で培った語学力を生かせる職業を選ぶのも、帰国後の就活のポイントです。

 

今はどの企業でも語学力は重宝される時代です。

特に、外資系企業であればなおさらです。

 

さらに、ワーホリと就活の目的として一貫性を持たせることもできますね。

ワーホリ中の何気ない経験も、語学力をアピールする材料として使うこともできます。

 

 

目的を持ったワーホリで帰国後も充実した生活を!

ワーホリの目的は決まりましたか?

事前に情報を仕入れたり、自分でやってみたいことを書き出しておくのは現地でもとっても役に立ちます!

 

知らない土地に行って、一人で何かしようと思う時には不安がつきものです。

でも、きっとその先にはかけがえのない経験が待っていることでしょう。

 

ワーホリで得た経験が、帰国後のあなたの生活をより豊かなものにしてくれるはずですよ!

なつ

 

ワーホリの準備に関してはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ワーホリに行こう【社会人編】失敗談から学ぶ成功の秘訣6つ

2020年2月21日

ワーホリへ行くなら持ち物リストを利用して効率的に準備しよう!

2020年2月9日

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です